シャチョー登場!

トップページ > 2002年 > 11月 > 銀座のお寿司屋さん

2002年11月28日 木曜日

銀座のお寿司屋さん

きのうは高校時代の恩師の書展に銀座まで行ってきました。

今までも展覧会を開くたびに先生より案内書を送っていただいていたのですが、なかなか行く機会が持てずにいました。しかし、先生も今年で定年退職とのことで、これはぜひ一度お伺いしなければいけないと思い、うちの奥さんを誘って今回やっと行ってきました。

先生に久し振りに会えてお話できたことは何よりでしたが、では書展はというと僕は書の世界はまったくの素人で、奥が深すぎてなかなか理解するまでには当然いたりませんでした。

ただ、素人の僕でさえも何か圧倒されるもの、パワフルでエネルギッシュなものは感じることができました。

その展覧会で高校時代の同級生に久し振りに会い、展覧会終了後先生とその友人、僕たちの総勢5人でお寿司屋さんへ食事に行きました。

それが銀座のお寿司屋さんですから僕としてはまったくの初体験です。当然おいしかったのですが、なんと6時くらいに入って11時までいましたから、まるまる5時間も飲み食いしていたということになります。そのうえ、結構な量を飲んで食べましたから、料金はきっと相当のものだったんじゃないでしょうかね。

支払いは友人がしてくれましたので、いったいいくらかかったのかわかりませんが、後学のためにもこういうところのお寿司屋さんはいくらぐらいなのかちょっと知りたかったなと思いました。

しかし、恩師や昔の友人と飲むというのは実に楽しいですね。時間の経つのを忘れると言いますが、気が付いたらもう11時です。すぐに帰らないと東武野田線の最終電車に間に合わないというのであわてて帰ってきました。

で、また今回もサラリーマンにならずに本当によかったなー、と酔っ払って電車に乗りながら思ってしまいました。(6月3日の閑話休題其之二十を見て!

船橋で東武線に乗ると、ベロンベロンに酔っ払った若い女の子が後から乗ってきました。電車が走り出したとたん、彼女は車内でもどしてしまいました。

すると周りにいた何人かの乗客がさっと彼女から逃げていきました。うちの奥さんがタオルを出して持っていこうかどうしようかとしているうちに、隣にいた若い女の子が席を立って彼女をそこに座らせ、汚れた服やバッグを拭いてあげ始めました。

と、同時くらいに向こう側に座っていた若い男性が(彼も顔は飲んでだいぶ赤くなっていましたが)新聞紙を持ってきて、さっとその汚れ物の上に広げてかぶせ、また何もなかったように自分の座っていた席に戻っていきました。

僕はこの光景をあっけに取られてみていたのですが、今もこういう若い人がいるんだなんてビックリしてしまいました。

車内の嫌がらせや、暴力事件ばかりが表面に出ますが、こういう善行をもっと周りの人がたたえられるようになると世の中もうちょっとあたたかくなるんじゃないかなとふと思いました。

でもああいう場で知らないふりをするのはいくらでもできても、ああいう行動はなかなかできるものではないですね。さらにそういう人を賞賛するというのはもっと難しいことですよね。

久し振りに長い書き込みになりました。アー疲れた… ではまた!

関連するエントリー

前後のエントリー

  • 次のエントリー : 結果報告 (2002年12月13日)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.panponfan.net/mt-in/mt-tb.cgi/129

<< 前へ

次へ >>

トップページ > 2002年 > 11月 > 銀座のお寿司屋さん

▲ページの先頭へ

ツイッター

シャチョーのツイッター
http://twitter.com/k_ozeki

Powered by ついめ〜じ

最新10件のエントリー

アーカイブ

月別

年別

最新のコメント

最新のトラックバック

RSS