シャチョー登場!

トップページ > 2006年 > 12月 > 寺島コーチ

2006年12月06日 水曜日

寺島コーチ

きのうは鍼で定期メンテしてきたシャチョーです!

体がだいぶ楽になりました。でもやはり足は肉離れ、左手は酷使しすぎ、背中は病院の先生に言われたほどひどい変形ではないにしても、疲れがたまると痛みが出やすいですね、と言われました。だましだまし使っていくしかないですかね。ガンバロー!

きのうは寺島コーチが話があると言うので夜を一緒に食べることにしました。どこへ行こうかいろいろ考えたのですが、寺島は焼肉好きでありながらあまり飲まないので、それだったらうちでやれば好きなだけ食べられるし、安上がりだし、気も遣わなくていいだろう、ということになり我が家でやることにしました。
でもうちに来たのが9時半近くで、それから肉を焼きながらあれやこれや話して、ふと気がついたらもうすでに12時半でした。ビックリ! しかしやっぱりというか相変わらずと言うか寺島はまさしく寺島らしくきのうも“熱く”語っておりましたねー!!!

そう寺島のよさはこの“熱い”ところです。とにかく一生懸命です。

でも寺島に習っている方はよーくわかるんじゃないでしょうか。レッスンを受けてても熱が伝わってきますよね。頑張ろうって気になりますよね。あーこのコーチは自分のこと本当に一生懸命考えてくれているんだって実感できるんじゃないでしょうかね。

寺島は大学生のときにアルバイトにきてそのままうちのコーチのなったのですが、最初はヒョロヒョロのガリガリって感じでした。だから「のび」というニックネームがついたという説もありますが…
その頃はなんと取手から通ってきていて、きっとそのうち辞めるだろうと僕は思っていたのですが、なんとなんと熱心なことかほぼ毎日のように通ってくるようになりました。びっくりです。
でもそう思うとあの頃から情熱家だったんですね。やっぱりあの頃から熱い性格だったんですね! 今思うとホントよく頑張って通ってきたと思います。

寺島は純粋なオールサムズ叩き上げのコーチです。そういう意味では僕の指導法を継承している唯一のコーチかもしれません。僕はけっこう細かく具体的に指導法を伝授したつもりでいます。それを素直に自分のものとして吸収していけたのがよかったと思います。

僕と寺島の共通点は視覚的なイメージを描く能力に優れているという点です。ですからフォームの矯正とかが得意中の得意です。目で見てどこがどうまずいか、どこをどう直せばよくなるかが瞬時でわかるようになりました。りっぱですねー!!!

しかしそれだけではなくその後も自分で勉強して心理面、戦術面でもすばらしい指導ができるようになりました。その勉強心というか向上心は本当にすばらしいものです。

今は寺島コーチに習いたいといってくるお客さんがとても多くなりました。プライベートレッスンは受けたくても受けられないという人がけっこういらっしゃいます。しごき隊はいつも大盛況です。フレッシュクラスはフォームをしっかり習いたいというお客さんでいっぱいです。本当にありがたいことですね。

いまや押しも押されもしないオールサムズのヘッドコーチ。これからも頑張ってください! でも体が弱いのがちょっと心配… 

ということで今回は寺島コーチの回でした。ちょっと褒め過ぎかな… それから他のコーチ連が僕に何を書かれるのか戦々恐々としているようです。いっぺんにシリーズ最終回までもっていかず、時機をみて小出しにしていきましょうね。ではまた。

関連するエントリー

前後のエントリー

  • 前のエントリー : 泥棒 (2006年12月04日)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.panponfan.net/mt-in/mt-tb.cgi/467

<< 前へ

次へ >>

トップページ > 2006年 > 12月 > 寺島コーチ

▲ページの先頭へ

ツイッター

シャチョーのツイッター
http://twitter.com/k_ozeki

Powered by ついめ〜じ

最新10件のエントリー

アーカイブ

月別

年別

最新のコメント

最新のトラックバック

RSS