シャチョー登場!

トップページ > 2004年 > 08月 > スティールパン

2004年08月11日 水曜日

スティールパン

8日の日曜日にうちの奥さんと、おふくろを連れて横浜みなとみらい21に行ってきました。目的はスティールパンのコンサートを聞きにです。スティールパンてなに? なんでスティールパンなの? という疑問の声が聞こえてきそうですねえ…

なぜか今、僕はスティールパンにはまってるんです、というかこれからはまろうかなと思ってる、というのが正しいのかもしれません。自分でもわからないのですが、何年前からか憧れの気持ちが芽生え、それがだんだん大きくなって、いろいろ調べてやっと出会えたのがきのうのコンサートなのです。いやー、でも感動、感動、感動でしたねー!!!

午後2時の公演に間に合うように横浜に向かい、初めてのみなとみらいでどこがどこだかわからないまま、15分前になってやっと会場のランドマークプラザのドックヤードというところに着きました。ここがまた古代ローマの石組の演舞場のようで実に雰囲気のある場所です。聞くところによるとドックヤードのドックは船のドック(dock)のことだそうで、確かに全体が船底のような形をしていました。

コンサートは実にすばらしいものでした。スティールパンの哀愁のある音色、そして合奏したときの迫力もまさに想像していた以上でした。奏者も曲に合わせ踊るように演じ、全身で、そして全霊を注ぎ込むようにパンを叩いていました。とにかくすばらしい、すばらしい、すばらしいの一言です…

ウーンしかしこういうときに僕は表現力がないんですよねー。なんて書けばあのすばらしさが皆さんに伝わるでしょう? 有名作家ならうまく書くことができるんでしょうけれどもねー…


今回3日間の最後を飾る公演がまたその日の午後6時からもあり、実はこちらも見てきてしまいました。ほの暗い中、1回目よりさらにヒートアップして、観客交えステージ前ではみんなダンスダンスダンス… かなりの熱狂ぶりでしたねー! 見ている僕たちもホントのりのりでした。

今回のグループは、パンベリスティールオーケストラといって、カリブ海のトリニダード・トバゴというところから招かれたプレーヤーたちで、14日にニッケコルトンプラザのコルトン広場でも午後5時と7時半の2回公演をやるようです。無料ですから興味の湧いた方はぜひ行ってみてください。きっとその魅力にとりつかれてしまうこと間違いないです。

ちなみに僕は同じ日にやはりみなとみらいで行なわれる“横浜スティールパンフェスタ2004”に行ってみようかと思っています。8つのバンドが出演する真夏のパンの祭典といった趣向のようです。また、26日にはカリビアン・マジック・スティール・ドラム・オーケストラというグループのコンサートを目黒まで見に行く予定です。

ほんとうにいよいよはまってきていますねー… 次回スティールパンのことや、みなとみらいのことも書きたいと思います。ではまた。

関連するエントリー

前後のエントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.panponfan.net/mt-in/mt-tb.cgi/198

<< 前へ

次へ >>

トップページ > 2004年 > 08月 > スティールパン

▲ページの先頭へ

ツイッター

シャチョーのツイッター
http://twitter.com/k_ozeki

Powered by ついめ〜じ

最新10件のエントリー

アーカイブ

月別

年別

最新のコメント

最新のトラックバック

RSS