シャチョー登場!

トップページ > 2004年 > 08月 > Sさんにお答えします。

2004年08月19日 木曜日

Sさんにお答えします。

Sさん、お元気ですか?

MAちゃん、MIちゃん、もうそちらの生活には慣れたかな? ご主人、お仕事は順調ですか? また、松川コーチのクラブの場所もわかったそうで、もし彼に会えたらよろしく言っておいてくださいネ。

さて、ご質問にお答えします。僕の見解になりますが、まずアベレージ的には日本のコーチの方が質は高いと思います。というのは、いろいろなテニスクラブで多くのコーチのレッスン風景を見てきましたが、うーん… なんか日本のコーチの方が指導力は上だなー…、と感じることが何度もありました。なかには、本当にこれでお金がとれるのかなー、と疑問を持ってしまうようなコーチもけっこう見かけました。

全体的に見るとあちらのコーチは、生徒を上達させようという創意工夫がなんとなく足りないような感じに思えます。テニスという点では後進国とさんざん言われているにもかかわらず、テニス産業という点ではアメリカよりはるかに厳しい状況にある日本では、コーチもみんな少しでもよい指導法をと、勉強したり、工夫をしたり、たえず前向きに取り組んでいるんではないかと思います。

ただ、あちらでは突出してすばらしいコーチを時々見かけました。それはテニスの本質を理解した上での指導だと思います。非常に効率よく、また指導される側の個性をも見抜いて指導しています。ペドロもその1人ですが、レッスンを見てて本当に感心してしまうことが何度かありました。そういうコーチに出会えればいいんでしょうけれどもね。

あとは語学の問題がありますよね。習いに行くのはお子さんですか? パパママですか? それとも両方? お子さんであれば、今すぐ上達しなくてもいいと思えば、将来のために現地のコーチに教わるのがいいと思います。英語、文化、考え方の違いなど、学ぶ点がおおいにあるんじゃないかと思います。

逆にジュニアトーナメントに出させて、ある程度結果を出していきたいということであれば、日本のコーチの方がいいと思います。それはこちらの考えていることがコーチにすぐに伝わりますし、またすぐに成果として出すことが容易ではないかと考えるからです。で、いろいろ考え合わせていくと、理想は日本のコーチとアメリカのコーチと2人、いいコーチを探せればいいかもしれませんね。

パパママであれば、英語がOKならアメリカ人コーチがいいんじゃないですか? だめなら日本人コーチ。やっぱりコミュニケーションがとれないと教える、教わるは成立しないんじゃないかと思います。教える、教わるを飛び越えて考えているんであればアメリカ人コーチOKでしょう。

要するに僕がコーチの立場で言えば、教えたいことがあるのに伝わらないとか、教わる側の望んでいることが僕に伝わらないというのは、いい指導には結びつかないんじゃないかと思うからです。でも、相手が日本人との交流を考えて習いに来ているとかっていうんであれば、間違いなくその要望にお答えしながらレッスンをすることも可能ですけれどもね…

どうですか? お答えになりましたでしょうか?ではまた。

関連するエントリー

前後のエントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.panponfan.net/mt-in/mt-tb.cgi/202

<< 前へ

次へ >>

トップページ > 2004年 > 08月 > Sさんにお答えします。

▲ページの先頭へ

ツイッター

シャチョーのツイッター
http://twitter.com/k_ozeki

Powered by ついめ〜じ

最新10件のエントリー

アーカイブ

月別

年別

最新のコメント

最新のトラックバック

RSS